不動産の簡易査定と訪問査定


ご存知の方も多いと思いますが、不動産の査定を受ける場合、「簡易査定(机上査定)」と「訪問査定」という二つの選択肢があります。所要時間も変わることを留意しておきましょう。
まず、簡易査定に必要な時間ですが、最も早ければ30分程度で、長くても1時間かからないでしょう。
訪問査定を選んだ場合、実際に担当者が物件をチェックするのは30分から1時間と、簡易査定と変わりませんが、そのあと役所への調査を含めた時間が加算されるので、1日では終わらないことを知っておいてください。なかなか不動産物件の買手がつかないという時には次のことを考慮してみてください。

まず確かめることとしては、売ろうとしている物件をきちんと掃除してあるか、細かなケアは十分かどうか、今一度、チェックしてください。さらに、仲介を頼んでいる業者が必要なだけの宣伝をしているかどうかも確かめておいてください。

それらを確認したら、最後に価格設定についてもおかしくないかを再確認します。買手が見つからない場合、今よりも少し値引きしたり、不動産会社が買い取ってくれるのなら、それも考慮してみましょう。一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。

もちろん、一般的な査定ポイントのほかに、会社によっても特有の査定項目があるために、結果的に査定額が異なります。不動産会社は、売り主に対して、算出された査定価格の根拠を明らかにしなければならないと宅建業法が定めています。
提示された査定額について詳しく知りたい時には積極的に質問し、疑問を解消しておくことをおススメします。
消費者にとって痛い出費となる消費税は、家を買うときにも例外ではありませんが、土地には課税されませんから、建物代金についてのみ、消費税を払うことになります。それから、売却物件の所有者が法人ではなく個人の場合、消費税が非課税となるというメリットがあります。

しかし例外もあり、個人でも投資用マンションや店舗等として利用していた物件については、課税対象とみなされるため、留意しておく必要があります。査定で必要不可欠な不動産査定書は、不動産に関する情報や、ガス、水道、電気などのインフラ状況、排水設備の状態、路線価による土地相場、公示価格といった詳細な物件情報が記載されているものです。

不動産業者などが見積もりを出す場合は、不動産査定書類をベースにして価格を決めています。

入手方法ですが、不動産会社に頼むと作成してくれますが、不動産鑑定評価書を専門家に依頼することもできます。

絶対にリフォームをしてから不動産を売却しなくてはいけないというわけではありません。だいたい、何百万も投じたリフォーム物件でも、リフォーム前より高く売れるようになる裏付けはどこにもありません。
ですから、リフォームする場合には、力を入れるところを内覧でよく見られそうな箇所にすると元が取れるかもしれません。加えて、部屋が明るく広々と感じられるように清掃なども行っておいたらむやみにリフォームする必要はありません。住宅を売却する際、思いのほか順調に話が進んでしまって、想定していたより早い引越しになるかもしれません。

慌てずに済むよう、売りに出したら買い手がつかなくても荷物の整理をはじめておくと良いでしょう。居住中で売り出すつもりなら、家電や寝具、食器類などは必要最低限を残し、不用品や不急の品などを分類し、時間を作って段ボール詰めしておけば、つらい引越し作業もかなり軽減できます。

中古マンションが売れない理由として考えられることは、どのようなことでしょうか。まず考えられるのは、他のマンションと比べてみた時に価格競争で負けている場合があります。このようなケースでは、内覧会を行ってもお客様数が少数になります。
早急に価格の見直しをしなくてはいけません。
その他に考えられることとして、不動産屋がマンション販売の促進をほとんどやっていないケースです。
そんなことが起こらないようにするためには、仲介契約を結ぶ前に、レインズへの登録確認をしてください。資産を現金にすることができるのが、家を売った場合の最大のメリットだといえます。また、売却する物件にかけた災害のための保険料、住宅ローン保証料は、まだ残りの期間があれば、その分だけ返却されます。これは売却完了の際、向こうからは返してはもらえないので、自分で手続きをします。
売ることが決まった際は、必ず、契約会社に連絡してください。「家を売りたい」と今思ったからと言って、すぐには不動産物件に買主は見つかりません。

では、実際、不動産売却の平均期間はどれくらいかかるのでしょうか。

普通、マンションの場合は平均で3ヵ月くらい、一軒家だと平均で6ヵ月程度だそうです。しかし、あくまでも平均でということなので、絶対にこの期間で売れる保証はありません。売却の計画を立てる際は、そこも考えなくてはいけません。

PR:不動産売却の一括査定を比較